新橋の路地裏にある雑居ビル2F、飲食店が立ち並ぶフロアに佇む割烹。新橋通である職場のリーダーが足で見つけたお店で、この日は2軒目として伺ってみました。
IMG_7101
21時半過ぎ。お店の中はカウンター5席ほどと、4名ほどのテーブルが1席。 
IMG_6998
最初、入れないかなと思いきや「出せるものが限られていますがよろしければ」と店主さん。テーブル席が空いていたのでそちらに通していただきました。

小さいながら清潔感ある和の割烹。岩手ご出身のご主人が全国各地の地酒と、食材や調理法にこだわった料理を提供しているとのこと。

なかなかに感銘を受ける料理でしたが、まずは刺身盛り合わせ。
IMG_7003
イカ、カツオ、真鯛、シメサバ。どの素材も手抜かりなく、魚も素晴らしい天然物の香り。包丁の入れ方ひとつにもこだわりを感じます。
IMG_7005
マナガツオの塩焼き。肉厚なマナガツオを絶妙な火入れで、スダチの香りとともにいただく店主さん渾身の絶品料理。
IMG_7006
お新香もみずみずしく、良い塩梅です。
IMG_7002
この料理に合うのは日本酒でしょうということで、しこたま飲んでしまいました。 残り少ないので、瓶の中の全部飲んじゃっていいですよ!となんとも気前の良いご主人の言葉に甘えました。南部鉄器の酒器がご主人のルーツを表していて、味があります。
IMG_7001
澤屋まつもと(京都府。僕が好きな伏見のお酒です。すっきりしたキレの良い味わい)
IMG_7004
瀧自慢 辛口純米 はやせ(三重県。伊勢志摩サミットでも振る舞われた銘酒とのこと。そういう冠に弱いねとリーダーに指摘されましたが、確かにミーハーな僕です^^;これもまた、キレのある味わいが特徴)
IMG_7007
IMG_7008
山本 和韻 純米吟醸酒(秋田県。なんと、シャルドネの酵母を使った日本酒。ワイングラスでいただくのが良いとのことで、ワイングラスも出していただきました。ワイン酵母らしいふくよかさが出ている一品です)
IMG_7009
春霞 山廃純米 仕込38号(秋田県。まろやかさの中に酸味もあり、スッキリ感も味わえるまさに純米酒といえるお酒です)
IMG_7010
堀の井 大吟醸 紫波の匠(岩手県。ご主人の地元岩手のお酒が満を持して登場。金賞受賞の銘酒で、香りが素晴らしく、日本酒らしい旨味に溢れる一品でした)

こだわり抜いた料理と酒。未来の日本料理界を担うお店になるかもしれません。折に触れて通わせていただきたいと思います。 

関連ランキング:割烹・小料理 | 新橋駅内幸町駅汐留駅